イメージ
株式会社総合企画開発

株式会社 総合企画開発
県知事許可(般20) 第0352461号
〒433-8126
静岡県浜松市和合町 317-19
TEL:053(489)5161


住宅かし保険

当社は特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律第17条第1項の規定に基づき国土交通大臣より指定を受けた住宅瑕疵保険責任保険法人に事業所届けを出しております。


←前へ ↑一覧へ 次へ→

コストダウン+暮らしやすい家を

2014/06/25

1.家族のライフスタイルを書き出して整理してみる。
「家」というとリビングがあって、ダイニングがあってキッチンがあって・・・・・と固定されたイメージがありますが、コストダウンと暮らしやすい家づくりの両方を目指すなら、一度その固定概念を取り払い、家族のライフスタイルからオリジナルな住宅の形を考えてみてはいかがかな。家族の一日の過ごし方、趣味、持ち物など書き出してみるのもいいですね。

2.自分たちがこだわりたいテーマをひとつ決める。
家族が、家になにを求めるかを考えて「大勢が集まる部屋」「プライバシーが保てる間取り」「風通し、陽当たり」「安全な素材」「手入れ、掃除のしやすさ」など優先するものの中からこだわりを明確にしてオリジナルローコストを

3.将来のことまで見据えたライフプランを想定する。
建てた家は長いおつきあいになります。プランには、子供の数、親の介護、老後の暮らしなど生活の変化についてよく考えて建てると、増改築、などのコストがかさむことなく住める家になります。

4.お金をかけたいところと節約できるところを考える。
建てた住宅が毎日がまんの家にならないよう、こだわりの部分に予算を割き、必要以上の機能や設備をはぶくことを考える。建売住宅や、マンションのチラシを参考にして整理してみて下さい。

5.設備、内装材についてもコスト意識を持つ。
バスルーム、キッチン、洗面、トイレ、など設備や、床、壁、天井などコストカットしやすい部分。バリエーションも豊富なので多くの情報を収集して選ぶことがコストダウンにつながります。

6.「箱型のシンプルな家」がローコストと覚えておく。
家の形が複雑なほどコストや工費は上がります。部屋数が多ければ壁や、建具も多くなりコストアップ、同じ床面積のシンプルな箱型住宅がローコストといえます。また、箱型でバランスの良い家は、強風や地震にも強く、構造上でも安心できる家といえるでしょう。さらに、仕切を最小限にした空間こそコストダウンにつながります。

7.無理のないローン計画でメンテナンス費用を確保。
家を建てると、いずれ屋根や壁の塗り替え、手入れなど、維持するための定期的管理が必要になります。家を建てた後にも、ある程度の出費を想定したローンの計画が重要です。余裕のあるローンで、メンテナンス費用の積立も考えて。
別冊美しい部屋より拝借しました
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

***住宅用・売土地情報***

***事業用・売土地情報***





土地・家屋・工場等不動産を
お売りになりたい方はコチラ!

土地・家屋・工場等不動産をお探し
の方はコチラ!


またお問い合わせ・ご質問は
e-mailお問い合わせフォーム、またはお電話お客様受付ダイヤル:053-489-5161
まで、お気軽にどうぞ!